筋膜からカラダを根本的に整えるボディワーク~

セッション3

セッション3のテーマは『カラダの側面』です。

『カラダの側面』を簡単に言うとカラダの「横」です。
でも良くわかりませんよね。

横にいる人は分かっても、自分のカラダの「横」というとあまりピンとこないのではないでしょうか?

目を使う、セッション3

私達は「前」という感覚は当たり前になっています。
目を使ってカラダの正面のものを見たり、触ったりしていることが多いので「前」という感覚は得意だからです。
それに比べて「後ろ」「横」という感覚は薄くなっています。

カラダの「後ろ」「横」という感じは目だけで感じるものではありません。
何となくの気配、意識の配りやすさなど、意識や皮膚で感じるようななんともはっきりしない感覚も使って感じています。
これは武道家やアスリートが持っている特別な感覚でなく、本来は誰でも当たり前に持っている感覚です。

ですが、テレビやパソコン、スマートフォンなど一日中目を使っている私達は「前」という感覚が強くなりすぎて「後ろ」「横」という感覚が薄く曖昧なものになっています。

セッション3では『カラダの側面』、「横」にワークしていきます。

 

もともと持っていた「横」の感覚

子ども達
小さい頃は友達と手をつないだり、遊んだりして『カラダの側面』、「横」という感覚はあったのだと思います。

地面をゴロゴロしたり、じゃれ合ったり、ぶつかり合ったりして全身を使って動いたり遊んでいました。

大人になるにつれて、全身をめいっぱい使って動くような機会が少なくなっていきます。

仕方のないことですが、勉強や仕事などでカラダを固定して自分の目の前をじっと見る機会が多くなってきます。

そうするとカラダの動きや感覚には少しずつ偏りが出てきます。
こんな風にして「後ろ」「横」という感覚が薄くなっていくのではないかなと思っています。

気持ちを表すこと

セッション3
ダンスや演劇、舞台などで役者さんが表情だけではなく、カラダ全身を使って喜怒哀楽を表現します。
遠くの席で顔が良く見えなくても仕草や雰囲気、表現で何となく気持ちが伝わってくるのは不思議なものです。
これは役者さんだけではなく何気なく生活している私達も自然とやっていることです。

大人になるにつれて自分の気持ちを出さずにしまっておくことも増えてきます。
自分の考えとは違ってもなかなかそれを言えない場面も増えてきますよね。
わたしたち日本人は特にそれが強いのかなと感じています。
手を拡げる

海外のドラマや映画などを見ていると、腕を大きく動かしながら自分の気持ちを表現している場面がたくさんあります。
日本ではもう少し控えめだと思います。

腕を広げる動きは様々な気持ちを表現することが出来ます。
この時には自然と「横」、「側方」にもカラダを動かしています。
側方への動きは自分の中から外への主張に繋がりやすい動きになっています。

表現の仕方には文化的な影響があって、日本人は自分の気持ちをそのまま表現することが得意でないように感じます。
人の気持ちを察したり、思いやれる反面、自分を表現する事が少し苦手になりやすいかもしれません。

感じたことを受け取って、表現できると自分も楽に、相手の事を思いやれる関係性が築けるのだと思います。

少し抽象的ですが、『カラダの側面』「横」という感覚は関係性やその人の表現などとも関係しています。

カラダの厚み(ボリューム)を増やす

セッション3ではカラダが今よりも厚みを持てるように『カラダの側面』にワークしていきます。
セッション3ロルフィングでは「オレオ」のクリームをいっぱいにするなんて言われますけれど、日本風に「どらやき」でいきたいと思います。

セッション3ではこの「どらやき」あんこの部分がいっぱいになるように筋膜を拡げていきます。

横から見ると扁平になっているカラダを前後に拡がれるようにしていくとカラダに立体感が出てきます。

すると今度は上下に伸びるように自然となっていくので、「スッと」した綺麗な姿勢になっていきます。

「太って見えるようになるんじゃないの?」と心配されるかもしれませんが大丈夫です。
ほとんどの方がセッション3の後はスタイルアップしてみるようになります。
体重は全く変わらないのに洋服がブカブカになったという声も良く聞かれます。

個人差はありますが、セッション3は長年のクセがかなり解放されるセッションです。
姿勢や動きやすさ、スタイルだけではなく慢性的な症状にお悩みの方にとっても良いセッションになります。

まとまるセッション

セッション3は『カラダの側面』という広くて大まかな部分にワークしていきます。

表層のセッションなので深い部分にフォーカスして整えていくわけではありませんが、このセッションでの大きく変化が得られるセッションです。

セッション1、2と続けてきてセッション3が表層のセッションの締めくくりとなります。
表層の筋膜が全体的に整うので動きやすくなり、姿勢も綺麗になります。

気持ちや生活の中での過ごしやすさにも変化があるかもしれません。
今まで感じなかった『カラダの側面』を思い出すような体験は肉体的な変化だけに留まらないと思っています。

セッション3で表層のセッションが終わって、セッション4からは深い部分の筋膜に触れていくセッションになっていきます。
このタイミングで少し期間を空けることが出来ます。

間を空けてカラダにも準備をさせてあげることも大切だと思っています。

ご予約、お問い合わせはこちら TEL 0422-30-9947 9:00~20:00(最終)

最近の投稿: からだメンテナンス

妊婦さんの施術

妊婦さんの施術

こんにちは。武蔵境の駅前整体院、やすだ整体院のやすだ( ツマ)です。 最近増えている切迫などのトラブル 赤ちゃ

舘野泉さんに学ぶ生き方

舘野泉さんに学ぶ生き方

おはようございます。武蔵境の駅前整体院、やすだ整体院のやすだ(ツマ)です。 左手のピアニスト、舘野泉さん 先日

休業日・イベントカレンダー

PAGETOP
Copyright © Rolfing Physio All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
東京・吉祥寺のロルフィングフィジオ~筋膜を整え姿勢改善~