毎日寒いですね~
日本海側の地域では天候も悪く被害も出ています。
これから先も続くかと思うと心配です。
早く暖かくなってほしいものです。

今回のテーマは「手足の冷え」です。
ちゃんと着込んでも手足は冷たいという方は意外と多いのではないでしょうか?
患者さん、クライアントさんでも多くいらっしゃいます。

暖かくするセルフケア方法に血流やリンパに対するものなどいくつか思いつくのですが、こんなに冷えていると追いつかないかもしれません。
履物や温度を調節して冷やさないことがまず先決です。

エアコンで部屋を暖めても床は冷たいという状況があると思います。
足元から冷えて部屋は暖かいのにカラダの芯から冷えてしまうことがあります。
そして何だか体調が悪い・・・。足元の冷えは侮ってはいけないのです。

そこでオススメなのは「レッグウォーマー」です。

お仕事中に厚手の靴下は難しくてもレッグウォーマーを着けることは出来るのではないかと思います。
膝から下を広く覆うようなものがありますが、個人的には足首が大事!と思っています。
足首の部分は元々循環が悪くなりやすくて硬いところです。足首が温まると指先の冷えも緩和されて、冷えが全身に広がるのを防ぐことができます。

外に出て急に足が冷えてしまった時には靴下とレッグウォーマーの間にホッカイロを入れてみて下さい。ここでもやっぱり足首の前側を温めてみて下さい。
ホッカイロで温める時にはくれぐれも低温火傷に気を付けて、辛い冷えがおさまったら必ず外してください。

お風呂で出来るもう一つのケアは「交代浴」です。

暖かいお湯と冷たい水を交互にかけて自律神経を整える方法です。
血流と自律神経はとても深い関連があります。自律神経が整うと結構も良くなるのです。

お風呂でからだ全体が温まった後に、足首から先に40度くらいのお湯と、お水をゆっくり交互にかけます。桶にお湯を入れて交代で足を入れてもいいです。足を入れるのであればお水では冷たすぎるので足を入れていられるくらいの冷たさに調節して下さい。
3~4回ほどお湯とお水をかけるのをゆっくりと繰り返して、個人的にはお水をかけて終わらせると良いと思います。皮膚の表面は冷えますが、その後に内側からポカポカと温まってくる作用が得られます。
これは手でやっても効果的です。肘から先を同じようにしてみて下さい。
お風呂から出た後はからだを冷やさないようにして布団に入ると快適に休めると思います。

夜眠る時に靴下を履いて寝るのはあまりオススメしていません。
自分の熱で温まるという自然なからだの働きが使われなくなってしまいます。
足が温まっている状態で布団に入って、後は体温で布団が温まってちょうど良くなります。

冬になると体調が悪くなるという方がいらっしゃいますが、からだが冷えることで自然と回復する力が弱まってしまうのだと思います。それと同時に手足が冷えてしまい自律神経的にも過敏になってしまいからだが休まりにくくなるのではないかと考えています。

昨年末に治療仲間の先生方と御岳山にハイキング&滝行に行ってきました。
ハイキングをしながら途中の滝に寄っていざ滝行を。。。
落ちてくる水量は少なかったですが滝ツボに入るため、腰下くらいまでは水に浸かりました。
滝に入る前と滝行中は気合で寒さは全く感じないのですが、終わった後がもの凄く寒かったです。
とにかく震えが止まりません。一瞬ですが意識が飛んでしまい怖い思いをしました。
先輩方にお湯を頂いて、それから「手足をまず温めて」と言われて少しずつ落ち着きました。
その後すぐにハイキングを再開したのですが、足が冷たくて感覚がなく、血流も悪いため足が前に進みませんでした。しばらくして足が温まってくると足取りも軽やかになりました。

「足は暖かい方が絶対にいい!」

本当に身をもって知りました。

なるべく冷やさないように、眠る前には冷えをリセットできるように試してみて頂けたらと思います。